ピルの効果でニキビ肌が解決!?避妊以外でも利用者多い理由とは?

望まない妊娠はなんとしても避けなければいけません。
まだ経済的に不安定な10代、20代の間に子供を持つと、若い夫婦二人では円満な家庭を作る事が出来ません。

 

また、甘い新婚生活をじっくりと数年間は堪能したい、と考えている若夫婦にも避妊対策は必須です。

 

避妊方法として非常に有名なのがコンドームの使用です。
ただ、コンドームの使用を嫌う男性も多いですし、それは完璧な避妊方法とは言えません。
(もし避妊に失敗してしまった場合はアフターピルで緊急避妊という方法もありますが、し、体への負担も大きいです。http://アフターピル市販.net/)

近頃では男性任せの避妊方法を避けるため、低用量ピルを愛飲する女子が増えてきました。
比較的入手が簡単、そしてランニングコストが安価という利点があります。

 

またコンドームを男性が利用してくれなくても、女性側の対策だけで避妊が出来ますし、ゴムの破けやつけ忘れ、こういったリスクも気にせずに済むようになります。
低用量ピルは常用する必要があり、飲み慣れるまでは少し大変ですが、一度習慣化してしまえば、飲み忘れる事はないでしょう。

 

 

また避妊以外でもメリットがあり、低用量ピルの愛用者は意外と多いです。

 

毎日きちんと習慣的に低用量ピルを摂取すれば、生理不順の解消や月経時の負担改善となります。
また生理の時期の倦怠感や苦痛、不安の解消にも役立つ上、ニキビや肌荒れの改善にも効果があるため、総合的な健康管理のアイテムとして低用量ピルは重宝します。

 

また愛飲する事で、女性らしい体つきになる、髪ツヤが良くなる、といった効果も出ると言われており、単に避妊薬として飲む以上に、色々な効果が望めます。

 

更に女性特有の病気を避ける効果もあります。
若い頃から愛飲しておけば、将来の重病のリスクを上手くスルー出来るでしょう。

 

また低用量ピルには女性ホルモンバランスを整える効果があり、いわゆる更年期症状に悩む女性陣にもオススメです。
低用量ピルと言えば、若い女子が避妊のためだけに飲む製品だと思われていますが、美容と健康管理のため、一般の女性が飲んでも良い効果が得られます

 

生理痛を緩和させるのにピルが効果的なワケ


ピルの中でも、低用量のピルは生理痛の緩和に用いられることが多いです。
生理痛の緩和にピルが効果的な理由は、ピルに含まれているエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンが、排卵を一時的にストップさせるためです。

生理中に増えるとされる子宮内膜の中には、子宮の収縮を促すプロスタグランジンが含まれています。このプロスタグランジンが過剰に分泌されますと、子宮の収縮が強くなって、それにより痛みが引き起こされてしまうのです。ピルの服用によって排卵がストップされますと、卵巣から黄体ホルモンの分泌が抑えられます。黄体ホルモンとは、子宮内膜に働きかけるホルモンのことです。この黄体ホルモンの分泌が抑えられますと、プロスタグランジンの分泌量も減少するため、子宮の収縮による痛みが弱くなっていき、生理による出血量と出血の前後の痛みが和らげられるのです。

ピルには女性ホルモンの濃度を上げる効果がある


ピルを服用しますと、女性の体内の女性ホルモンの濃度を上げる効果があります。
女性ホルモンの濃度が上がりますと、妊娠しているような状態となりますので、排卵が抑制されるのです。前述のように、排卵が抑制されることで、出血量が少なくなり、その分生理痛が緩和されるのです。排卵を抑制して生理による出血量を減らして痛みを和らげる効果がありますので、生理による出血量が多い人などは特に高い効果を期待することが出来ると言えるでしょう。
また、ピルは女性のホルモンバランスを安定させる効果があるため、生理痛のみならず、生理によるイライラや気分の落ち込みといった気分が不安定になっている状態も改善することができます。生理中でも気分を安定させることが出来るのです。
ピルは避妊薬というイメージが非常に強い薬ですが、女性のホルモンバランスを整え、月経周期をコントロールできるだけでなく、生理痛の緩和にも大きな効果を期待できるのです。プロスタグランジンの分泌を抑えることで、子宮の収縮を抑え、痛みをコントロールできるのです。